やはり、髪は女の〇〇であった。

私の髪は、昔から「太い、まっすぐ、ぱさぱさ」という髪だった。

美容院に行ってパーマをかけてもすぐにストレートに戻ってしまい、アイロンで巻いても、2時間で巻きが取れてくる。そんな髪だった。これは、遺伝子の問題なのだと思っていたので、しょうがないことだ。そう諦めていた。あるとき、彼氏の元カノの写真を見つけてしまい、そこに写る彼女の髪は黒髪のさらさらストレートで、髪も細い感じで艶があった。

とても悔しい思いと、「髪でこんなにも、女性らしさが違うのか」と驚いた。彼氏は、元カノのことを気にするような人ではないし、比べる人でもないが、私自身が負けたような気持になり、どうしても勝ちたいと思った。すぐに、ネットで様々な髪質改善等の記事を見て、いろいろ試してみたが、一向にサラサラにならない。髪を染めているというのもあるが、相変わらず「ぱさぱさでごわごわ」な髪質が改善されなかった。

シャンプーをノンシリコンにしても、高いものに変えても、だめだった。恥から試していたので、ピンときたわけではなく、「シャンプーをする前、さらに髪を水にぬらす前に、コンディショナーを髪に塗ってから流す」という方法を行った。

すると、ドライヤーで乾かしているときに何か、いつもよりさらさらしている感覚があった。手ごたえがあったので、続けていくと髪質が変わった。乾かした後も、いろいろ試したが、洗い流さないオイルを使用し始めた。いろんな種類を購入したが、オイルの中でもさらさらしたもの、軽めのオイルが調子が良かった。

その二つを続けていくと、「最近、きれいにになったね」と周囲に言われるようになった。やはり、髪は女の命であった。ぜひ、私と同じ髪質に悩んでいたら、参考にしてみてほしい。